FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
DORA麻雀に無料トーナメント参加方法④
これは三人麻雀では有り過ぎるシチュエーションですよね。


で、いうことで
→DORA麻雀ルール&戦略
勿論、短期的には場代を取るより多くの
お金を得る事ができます。


こういう考え方はいけませんね(^_^;)
等色々あり過ぎて、逆を打つのか自体が難しい。

えっ、この人つええ!!!
実際そうなりましたがwwww
しかし見れば確実に実力勝負になります。

ここまできたら9sか7s出たらポンして聴牌取るかな♪

遠くに混一色
何回も繰り返すのは考えてもマズイですね。
まあ、ドラドラだから悪くはないけど、
一通の役を作りたいなと
これはとりあえずの3s単騎ですかね?
遠くに混一色を見ながら、、基本的には
最短の和了を見る。


⑧筒単騎で聴牌しました。


しかし、今回のルールでは違います。


とりあえずピンズのくっつきを待つという考えで2sを押すのか?

親が④⑦ピンを切っていて⑥⑨ピンは見えていない。


+587.09ドル(‐^▽^‐)オーホッホ
.
セーフww
そのセット麻雀のレベルの高さを伺わせます。


極めつけは、常連の仲間だったはずの客が発作で泡を吹いて倒れたにも関わらず
3ピン切って、9ピン引いたら、リーチのみ。


ウマ・オカが物凄く小さいならば、素点重視で行きますし、

だからこれはOK!!


●役有り満貫ならダマ

場合によっては染めなくても跳満。


狙ってできないのは当然で、必要も全くない。


実際、高レートで打ってる知り合いの麻雀プロは

ゲームランキング趣味ランキング面白いランキングランキング
2位 ±0ドル

⑥筒、⑤筒と切って、その後が打4索の時点で


僕はこの人ドラ切ってるんですよね。

他家2人とも明らかに索子の染め手な訳で、

子のリーチ・・・索子なら筋と断言できるでしょう。



僕の近くの雀荘で確かに一番安いのは4人で1時間600円ですが・・・
とりあえず・・・降りる牌を持ってくるためにカン!!


DORA麻雀絶不調。


とりあえずまず一歩目として麻雀では
「お金の踏み倒しで開き直る」or「イカサマ」のどちらかでしょう。



で、沖本瞬から事情を聴く謎の男。


まあ、これも麻雀ですが・・・悲しいですね。


↓の画像で部分だけ」で大丈夫です。


うん、勉強しろよ俺。

けど・・・振るなら北がまだ2枚出ていない今かなというのもあります。


遼「おっちゃんここをなぜ王牌ってえのか分かるかい?」
まあ、考えるなら⑦ピンを僕は切ります。
西家に和了られて2着終了(-_-;)
何故かというと・・・DORA麻雀のトーナメントは
4の倍数人でしか開催されない。

①筒が切れてる感じだし。


3パターン。

もちろんドラが役牌の場合はこともできる。

これも昔のDORA麻雀での奴。

でも・・・
確かに状況であると思うんですよね。



くらい???

三三四五の形の平和に当たるっていう。
攻撃麻雀とは何でしょうか?
たまにある押し間違え・・・
ね♪
関西地方では「ソク」と呼ばれたりもします
一度マイナスになれば資金不足で入れなくなるギリギリのところで

31%)
うん、何の問題も無いレベル。



混一色と単なる面子手の両天秤かな。


1000点0.5ドルくらいですかね。

これは流石に聴牌崩しだけど・・・

1000回やって1000回プッシュします。



降りるのも難しい。

まあ、この手が来ただけで少し満足ww

その理由が「雀荘で見た形と全く一緒だから」ってのは微妙かと。
で、見ると明らかに打中でしょう。

カンを四回すれば良いだけと説明は非常に簡単だが、
機会は殆ど無い。




リードしているんでダマでも問題無いんですが

流れに乗った時は形的には鳴くべき手でも
そして、打つのでしょうから更に勝率アップの


DORA麻雀の評判について




おすすめ記事




スポンサーサイト
[2014/03/16 01:26] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<dora麻雀の出金だ♪ⅴ | ホーム | ドラ麻雀に勝ち方です♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://a0p5myzt.blog.fc2.com/tb.php/113-cbee5b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。